"

人生の成功  いい運勢  これははっきり言ってひらめきの人生です。世に成功を遂げた偉人は、ほとんんど、天の声」ひらめきがあり、それもそのものに熱中していて、関係ないときにひらめくんです。私も今思えばほとんどひらめきの連続です。妻との出会いもひらめき、いろんな仕事も大半がヒラメキです。一つのことに、没頭し、必死に生きている時、もちろん必死に思う精神状態の中で、必ずひらめきがあります。そしてひらめいたものは必ず成功をもたらします。本当の答えなんです。天の声なんです。それが出るのをじっと待ちながら努力をするこれが、いい人生の歩みとなるでしょう。

私が育った家族は、おじいさん おばあさん 父  母 妹それと私の6人家族でした。おじいさんがなくなり、私が家を出て大阪に家族をもち 妹は横浜に嫁ぎ おばあさんがなくなり  父がなくなり今は母が一人の生活。私も妻 子供3人と私の5人家族でした。子供はそれぞれ家を出、娘たちは家族をもち。息子は独身ですが東京で仕事です。妻がなくなり、私も母と同じ一人の生活。昔の家庭は長男が嫁を貰い、親と一緒に生活が普通でしたが今は核家族となってきている。これがいいのかわかりませんが、誰かが一人になり、その人の心意気が問われます。はっきりした生活目標を持ち、それを習慣にし、一人生活の充実がある。そんな生活が最も寛容です。子供との生活  孫に会う楽しみそれもいいでしょうが、それとは別の自分の打ち込めるものを見出し、それに没頭することができれば本当にいい人生と言えることでしょう。

ほとんどの人が、人生の目的は、 自分の持っている素晴らしい能力こういったことを知らないで、人生を終える方が大半です。たいへんもったいなく思うことことこの上ないです。宇宙は生成発展しています、これに寄与するために人生があります。そのためには、それぞれが生まれつき持っている、素晴らしい能力積極的思考をふんだんに活用し、世のために役立つ生き方が、自然に人生の目的と一致することなのです。毎日の生活を、積極的に生きるこれを常に心に持ち、毎日を過ごしましょう。

心と肉体両方が大事です。 以前から言っていますが、心は常に積極的にに保つこと、 肉体は、毎日の生活の中で習慣として、鍛えること。こういったこと両方が伴って、強く永く生きていい運勢を持った人生になるのです。

自分より優れた人や、自分より出世したり成功したり、丈夫な人を見ると、そういう人は特別な生まれつきだ、と思うところに非常に大きな間違いがある。生まれつき天才のように見える人間だって、やりっぱなしにしておけば成長するにつれて凡人になる。凡人と言えども立派に修業を積んでいけば、驚くべき秀でた人間になる。それを多くの人は、あれは生まれつき別の人間だよ、とするところにミスがある。結局、出世や成功し、あるいは非常に健康で幸運に生きてる人は、その心の内容が極めて積極的です。誰だって修業していけば、そうした優れた心になれるんです。

人は、積極的精神をもってこの世に誕生しています。それを出すことが、いい運勢、またこの世に生まれてきた使命があると思います。断じて消極的な気持ちを持たない。そういった毎日を過ごさなければいけません。その中でも取り越し苦労はもってのほかです。たえず目標を持って務める。一つの仕事を成就すると、また次の仕事と、目標を持ち、その実現に、すべての気持ちを一番に生活をする。その繰り返しの中に張り合いがある。一種の緊張感がみなぎっている。そこに生きる張り合いがあり、毎日を過ごす。こういった生活で、自分の人生を全うする。常に現役これを忘れず過ごしたく思います。

本当に幸福な人生を生きたく思ったら、何よりも忘れてはいけない必要な人生の心がけは、自分の命に対する自己認証を高度にすることです。自分の命に与えられた力は一切の生物を凌駕して強い力を持っている。こういった考え方が自分のものにならないと、すぐ風邪をひき長引かせたり、大きな波にもてあそばされたりする。宇宙霊の持っているエネルギーの分派分量を頂いていることをおろそかにしないことです。自分の心の持ち方さえ積極的であれば、その心の中にいただいた生命の力は逃げはしない。消極的になるとどんどんなくなっていく。この世の中、公平にできているから、心を積極的にしさえすれば、健康も立ち直るし、運命も立ち直るようにできています。だからもっと自分の心を磨くことです。

人生を考えるに、男と女が出会い、運命的な思いをして結婚する、そして子供が生まれ、お互いが年を取って、片一方がなくなる。(最近有名な歌舞伎役者の若い奥様がなくなりました。このニュースで、夫婦といったものを考えた方も結構おられるように思います。)のこされたものの生き方が、たいへん子供にも影響します。夫婦で離婚するもの、最後まで、夫婦を全うするものいろいろでしょうが、いつまでも仲の良い夫婦が子供にとって一番いい思いを子供に残すことは間違いないでしょう。一人になっても、生まれた時より、少しはいい心になる、きれいな心になる。そういったこころの修業が大事です、年を取って、怒りの感情を持たない、こういった心境を作ることが最も寛容に思います。将来に恐れの気持ちを持たないこと、そのために、肉体的にまた精神的に、自分を常に鍛える気持ち積極的生き方これを、身につけ、人生を全うする姿が、子供にとって一番いい生きる見本を作ることになります。こういった親の生きざまが大事に思うこの頃です。

 

 

人というものは、困難に直面すると、恐れたり動揺するものです。指導者も人間です。時に不安を感じたり思案に余ることもあるのが当然です。内心感じても、軽々しく態度に魅せてはいけません。指導者の態度には人は敏感で、すぐに全員に伝わり、全体の士気を低下させます。指導者はどんな場合でも、落ち着いた態度を心掛けることが大切です。そのためにも、常に、今の心の持ち方が、積極的か、消極的か、第三者の目で見て、常に、積極的にすることに尽きます。

自分のことを何でもいいから、第三者の立場たって考える習慣をつける。こういった心がけをすると、自分の命の道具である心や肉体を、本当の自分と混ぜこぜにしなくなる。(本当の自分とは、気)いつも本当の自分をぴたりと守って、心を積極的に完全に生きられる。こうした特定意識を習慣にして生きてこそ、いつも頼もしい積極的な人生が生きられることになります。特定意識が習慣となると、どんな出来事があっても、心が乱れない、泰然自若としていれる。病なんかどっかへ吹っ飛んでしまいます。

会社概要

送料無料のスーツケースレンタル
ニューレンタル・リース
http://newrentallease.com/
〒553-0004
大阪府大阪市福島区玉川2丁目3-16-317
06-6444-5319

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31