"

常に 気高い想像をして生きよう くだらない想像はせず、 あくまでも気高い想像です。途切れることなく継続して想像しよう。私利私欲を超え、 人の役に立つ  こういった想像をして暮らせば、毎日が楽しくなります。

最近  自分の欲望を満たすためにいろんな事件が起きてます。また精神的にノイローゼのような人も増えてます。本能と心を超えた霊性心が必要なんです。これは悪いことをしたとき良心が出ます。が人はみな持っている、 これが霊性心です。生活の喜びを、欲を満たす  心を満たす  これがきりがなく解決がないんです。そんな時 人が喜んでくれた時受けるのが本当の喜びです。見返りがなく困っている人に自然に親切にする生活。これを身につけ、習慣にしましょう。

心が積極的か、消極的か、常に客観的に検討し、少しでも消極的なものは、追い出す。 これと 空の世界 この世を造った 造り主とつながっている感覚が出ればしめたものです。普段の生活をしながら、そんな感覚が出てきます。ただし冥想をしていればですが、こういった感覚が出れば考える必要がない、ふっと浮かぶ ひらめく  それを待つだけでいいんです。そうしてそんな感じで出たものは間違いがないんです。

神とか仏というものに対する概念があいまいです。神とか仏とかを人格的なように考えている。特に仏教のほうでは、木像を仏さまと言ってるが、あれは人が作ったもので、仏様でない。じゃあ神とか仏とかは、人格でない 特定された物質でない。宇宙の根本主体 つまり永遠に生命を有するもの、決して滅びることのないこの世を作ったつくり主です。大自然です。キリスト教では、天にましますま我らが父よというますが、天にばかりいません、宇宙に遍満存在している。この大自然の持つ神秘の力と結びつくこれが最も大事なんです。それが積極的に生きることです。

昔の哲学者カント 普通の状態の体でなく、20歳まで生きられないと思われた人が70代まで生きました。彼の寝床には、張り紙があり、考え方無用と書かれてあったらしいです。寝るときは、なにも考えなくてねること、心を掃除する時間にあてることで、これを実行したとのことです。寝るときは、考えず  また楽しい気分で、これが大事です。

おいしいものを食べたい デパートへ行ってあれが欲しいな ほしいものが満たされるまで幸せでないんです。 今与えられているものに、ありがたく思う。これが本当の幸せかもしれません。

一分でもくだらない時間を持たない生き方。これはむつかしいが習慣にして常に心掛けて、生きることが大変重要です。くだらない時間とは、起怒る  悲しむ  ねたむ  こういったマイナスの気持ちです。もしこういった気持ちが起こったら、すぐにこれがいけないと修正しましょう。これが習慣になるように、私も心掛けて生活しています。

気高い人  こういった人になるよう常に自分を磨く。 偉そうににせず、淡々として、それでもみんなから尊敬される人でしょう。どんな艱難辛苦があっても、自分が生れたころより少しは成長したい。  自分を磨きたい、 この気持ちで、生活をしたく思います。

私利私欲がなく 世のために  誰にも負けない努力をする そうしてできないことはない。 この誰にも負けない努力。これがほとんどの人はやってない。 努力してるつもりなんです。

命の一切の正体は気 これが命のカギを握っている。この正体が気が心を作り 肉体を作って 命の活動をさせてる大根大本です。自分の正体というものは傷つかない、頭が痛くても、霊魂はいたくない。心に心配があっても、霊魂は心配しない。これを断固として信念にすることです。

会社概要

送料無料のスーツケースレンタル
ニューレンタル・リース
http://newrentallease.com/
〒553-0004
大阪府大阪市福島区玉川2丁目3-16-317
06-6444-5319

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930